運転免許証は必要?

日本で運転免許証を取得するのは高いですよね。教習所にも依るのでしょうが、相場が大体20万円くらいでしょうか。時間もかかりますし、運転免許証を取得するのは簡単な事ではありません。でもそれでいいと思います。実際に車の運転には危険が常に付きまとうものです。事故に巻き込まれると命を落とすこともありますし、人の命を奪うこともあります。もし運転免許が簡単にできると、世の中の交通事故の数は今よりももっと増えてしまいそうです。そうならないためにも運転免許を取得するのは簡単でない方が良いでしょう。日本では運転免許を取るだけでなく、持ち続ける事にもお金がかかります。つまり免許の更新ですね。免許証には期限があります。それを過ぎると…当然ながら車を運転することはできません。車の運転が必要な方は取得してからもずっと免許更新をしなければいけない、という事です。

諸外国を見れば、この運転免許の更新にお金がかからないところもあります。免許を一度取得してしまうと一生涯(何も問題なければ)免許の更新をしなくても良い。つまり更新代がかからないのです。例えばドイツの運転免許証は更新が無いそうです。一度とったらそのままずっと…だそうです。良いですよね。(でも年を取ってから車に乗る時は若い時以上に気を付けなければいけませんが、その辺りの講習会などはあるのでしょうか!?)

日本の運転免許を諸外国の免許に変更することが出来ます。そのためには色々と在留資格や永住権など条件がありますが、でも条件を満たせば運転免許をその国のものに変更可能なのです。ですからドイツに永住するような人は運転免許を日本のものからドイツのものに変更する、という方法もあります。この場合、もし日本で運転しなければいけないような状況になった時にはどうするのでしょうか!?簡単に、国際免許書を取得すればいいだけです。

運転免許証は日本では身分証明書にもなります。それは海外でも同じという国もあって、持っていると何かと便利です。アメリカのように車がないと毎日生活できない…という国もあります。そんな国行くときは国際免許を取得して世界各地をドライブしてみる…なんていうのも良いのではないでしょうか!?