お金をかけてでも資格をとろう

お金をかけても取りたい資格は仕事の時に役立てられる資格です。

例えば医者、看護師、弁護士、税理士などの資格は、それが取得できた時には下品な言い方をすれば「お金になります、お金を生み出す資格です。払った分の元をとれます!」となります。

もちろん今現在これらの仕事をなさっている方すべてがそのような下品な考え方の元に資格を取得したかというと、それは絶対に違います。これらの仕事にやりがいと生きがいを求め、職として一本立ちできるまで努力した結果、お金もついてきた、という方が正しいでしょう。

 

これらの職業の資格は、前述した通りお給料の良い仕事に分類されていますが、でも仕事として成り立たせるまでにはそれなりの投資が必要です。特に医師や弁護士になろうものならお金も時間も相当かかります。資格を取ってからも研修、研修で経験を積む必要もあります。それだけ責任の重い仕事だ、という事です。時間は誰にでも平等に24時間与えられているとはいえ、お金はそうもいきません。その人が生まれた家の経済状況で、その後の勉学の道が閉ざされる、という事も現実に起こりうる話です。それを乗り越えるためにはどうすればいいのでしょうか!?

 

一つの方法として奨学金を利用する方法が挙げられます。つまり金融会社から学費を借り入れることですよね。これにはもちろん賛否両論あって、昔と違って今の学生は卒業したら絶対に正社員として働けるとは限らない。社会に出た最初の一年目からすでに多額の借金を背負いこませるのは果たして正しい事なのか!?など、今もこの問題は大きなニュースとして扱われています。つまり、諸外国の中には返済の無いスカラーシップ(つまり奨学金)制度を設けている国も実に多くあります。経済状況によって学費の免除が制度化されている国もありますし、そもそも自国民に大学費用を払わなくても良い、という国もあります。そう思うと日本の大学生は実は経済的には厳しい状況の元に置かれているのです。そのような状況を今すぐにでも変えられるかどうかというと…それは難しいですよね。時間のかかることです。

 

資格取得にも言える事ですが、今の日本では仕事の所得のためにはある程度の金銭的な投資が必要という事です。

 

IT系の資格・英語の資格は必須

今現在、転職をお考えの方、これからの時代を先取りした職業につきたいのならIT系の仕事や英語の資格を取っておくのが良いでしょう。IT系の資格を手に入れる…、インターネットにすべてを支えらえている現代、プログラミングが出来るスキルを持っているとかなり重宝されます。それは男性でも女性でも同じです。インターネットのサイトのプログラミングは今、そしてこれからも人々がネット中心の生活をしていくうちは絶対に必要なものです。

現代っ子は小学生のうちから簡単なプログラミングをするような授業があるそうです。一人に一台のコンピューターは今や当たり前。今はipadを使った授業も当たり前になりました。そんな小学生が大人になった時の世の中は今よりもずっと複雑なネット社会になっているのでしょうが、でも現時点ではネットのプログラミングが出来るだけでもかなり重宝されます。と、いう訳で転職をお考えならプログラミングが出来るようにスキルアップするのがあなたの価値を上げますよ。また資格という点ではマイクロソフト・オフィス・スペシャリストなどの資格を持っていると良いでしょう。これらは地域によってハローワークなどの公的な機関でも講座が開催されています。気になる方は是非、最寄りのハローワークや市役所などに問い合わせてください。

これに併せて、英語の資格を持っていると転職の幅が広がります。英語の資格とは、具体的に使える資格の代表がTOEICなどのスコアです。こちらはテストを受ける事でしかそのスコアを取得でないのでTOEICの試験を受けると決めたなら計画的に勉強することが必要です。点数の取り方、スコアの上げ方にはコツがあるそうです。英語の勉強にプラスして、スコアを上げたいとお思いの方はそのコツをマスターするようにしましょう。

転職をお考えの方も、今の職場でスキルアップを狙っている方も、英語とIT系に強くなることはあなたの能力を周りにも分かり易くアップさせます。ですから、効率よく能力アップを計ってくださいね。

 

運転免許証は必要?

日本で運転免許証を取得するのは高いですよね。教習所にも依るのでしょうが、相場が大体20万円くらいでしょうか。時間もかかりますし、運転免許証を取得するのは簡単な事ではありません。でもそれでいいと思います。実際に車の運転には危険が常に付きまとうものです。事故に巻き込まれると命を落とすこともありますし、人の命を奪うこともあります。もし運転免許が簡単にできると、世の中の交通事故の数は今よりももっと増えてしまいそうです。そうならないためにも運転免許を取得するのは簡単でない方が良いでしょう。日本では運転免許を取るだけでなく、持ち続ける事にもお金がかかります。つまり免許の更新ですね。免許証には期限があります。それを過ぎると…当然ながら車を運転することはできません。車の運転が必要な方は取得してからもずっと免許更新をしなければいけない、という事です。

諸外国を見れば、この運転免許の更新にお金がかからないところもあります。免許を一度取得してしまうと一生涯(何も問題なければ)免許の更新をしなくても良い。つまり更新代がかからないのです。例えばドイツの運転免許証は更新が無いそうです。一度とったらそのままずっと…だそうです。良いですよね。(でも年を取ってから車に乗る時は若い時以上に気を付けなければいけませんが、その辺りの講習会などはあるのでしょうか!?)

日本の運転免許を諸外国の免許に変更することが出来ます。そのためには色々と在留資格や永住権など条件がありますが、でも条件を満たせば運転免許をその国のものに変更可能なのです。ですからドイツに永住するような人は運転免許を日本のものからドイツのものに変更する、という方法もあります。この場合、もし日本で運転しなければいけないような状況になった時にはどうするのでしょうか!?簡単に、国際免許書を取得すればいいだけです。

運転免許証は日本では身分証明書にもなります。それは海外でも同じという国もあって、持っていると何かと便利です。アメリカのように車がないと毎日生活できない…という国もあります。そんな国行くときは国際免許を取得して世界各地をドライブしてみる…なんていうのも良いのではないでしょうか!?